印鑑

印鑑登録をすることについて

印鑑登録とは何かを説明したいと思います。難しいイメージがあるようですが案外簡単に出来るので安心です。印鑑登録はハンコを市町村役場に届けて自分のものだと証明することです。印鑑登録をしたハンコは実印となります。登録しないと実印用ハンコでも実印にはなりませんので注意が必要です。
基本的に実印が必要なのは重要な手続きの時です。例えば自動車の売買や不動産の取引などです。この際に押印されたハンコが実印である事を証明するために印鑑証明書という書類が必要になります。印鑑証明書を発行してもらうに必要なのが印鑑登録です。
印鑑証明書を紛失すると、重要な手続きがスムーズにいかなかったりする事もあるので注意が必要です。印鑑登録出来るのは15歳以上なら1人につき1本出来るようです。ちなみに高校卒業と同時に印鑑がもらえる地域があるようですが、それは印鑑登録はしていない可能生が高いです。
次は登録申請についてです。用意するものはいたって簡単です。印鑑登録したいハンコと本人確認書類と登録費用です。本人確認書類はパスポートや免許など顔写真がついているものです。登録費用は500円あれば大丈夫です。
登録申請すると印鑑登録証が交付されます。これは印鑑証明書ではないので注意が必要です。印鑑証明書の取るには印鑑登録証、手数料、本人確認書類を用意して、備え付けの印鑑登録証明書交付申請書に記入すれば印鑑証明書が発行してもらえます。

実印には名字?名前?フルネーム?

実印とは、印鑑登録を行った(市区町村に届け出ることにより登録)、印鑑証明書を受け取ることが出来る印鑑のことを指します。印鑑登録は一人一個しか登録は出来ません。また、合成樹脂やゴム印など変形しやすい素材で作られているもの、陰影の照合が難しいものは認められず、大きさにも規定があります。
実印は不動産登記などの重要な取引の際に用いられ、普段回覧板や書類チェックなどで使用する認印とは区別されています。この実印はその使用用途の通り、一般的に量販店で売られているものではなく、印鑑店に発注して作ってもらうことが多くみられます。(ただし、条件を満たす素材・大きさであれば、100円のはんこでも実印として登録することは可能です。)
使用する名前は、署名同様フルネームであることが多いのですが、フルネームでなければならないという定めはありません。名字だけでも良いですし、名前だけでも問題ありません。印鑑店に発注する値の張るものであれば、婚姻等で苗字が変わった後も使用できるように、名前だけの印鑑を作る方もいらっしゃいます。実印は一人一個しかもてませんが、再度届け出ることで変更することも可能です。ですが、紛失した等のイレギュラーを除けば、印鑑登録はほとんどの方が生涯一度しか経験しないのではないでしょうか。是非自分の一本を作り、大切に使用してください。

用途別の印鑑の種類とそれに最適な印鑑とは?

個人が使用する印鑑には、実印や銀行印や認印と言った種類があります。実印は役所に印鑑届をし、その印鑑が本人のものである事にお墨付きを与えられたもので、高価な買い物の契約や重要な取引などの際に押印されるものです。
また、銀行印は金融機関に口座を作る場合に押印する届出印で、通帳でお金を出金する場合には、合わせてこの印鑑が無ければ出金できません。さらに認印は、上記以外の宅配便や書留などを受け取る場合や、役所の書類などに押印する印鑑です。このように区分される用途に最適な印鑑とはどのようなものでしょうか?実印や銀行印も、認印として一般に使用される所謂三文判でも役所や金融機関に届ければ、その用途の印鑑とする事は可能です。
しかし実印や銀行印は、お金や重要な契約など大切な取引時に押印するものであり、偽物が作られる事のない様、またその取引が自分にとって幸せな結果を招くように縁起を担ぎ、昔からそこそこの価格の印鑑を誂える事が多いのです。具体的には、黒水牛の角などの欠けにくい自然素材や、最近ではチタンなどの金属素材に、独特の書体で手彫りして作られます。実印は少し大きめの直径で、姓名が彫られる事が多く、銀行印はそれよりは細い直径で姓のみが彫られるのが一般的です。こうした実印と銀行印をセット販売されているものもあります。やはり印鑑は以上の様に用途別に最適な印鑑を用意したいものです。

用途別に最適な印鑑を用意するのに重宝するのが印鑑の通販サイト「印鑑市場」です。印材にも拘ることができますので、是非ご覧ください。

recent article

印鑑の中でも日常で多用する認印

印鑑の中でも、日常で多用するのが認印です。認印としては、朱肉要らずのインク内蔵品も含まれます。また、大量生産の安い印鑑も認印としてよく使用され…

もっと読む

印鑑は大切に保管すれば長持ちしやすい

印鑑を使用するシチュエーションで一般の人にもなじみ深いのは、賃貸契約をするときでです。賃貸契約を貸主と結ぶときには、何か所か印鑑で押印します。…

もっと読む

印鑑の所有個数って

あなたは印鑑をいくつお持ちでしょうか。人によってまちまちだと思いますが、1個だけとか10個以上お持ちの人は、非常に少ないと思います。ほとんどの…

もっと読む

印鑑をプレゼントしてくれた母に感謝

普段宅配便が来た時や、子供の簡単な通信、仕事の時に使う確認の印鑑等はいわゆるシャチハタという簡易的な印鑑を使っています。朱肉いらずでとても楽に…

もっと読む